開放信用体系による返済手段の特徴とデメリット

開放信用体系とはクレジットカードや消費者金融の返済手段の一つで、毎月の返済額や最終の回数が確定していない状態で利用残高を返済する方式になります。

主にリボルビングシステムが該当し、毎月の支払いが一定額になる代わりに支払い回数が利用残高の状況によって変動する仕組みになるので、返済期間中に新たなる利用残高が生まれれば更に変動するものになります。

リボルビングシステムの特徴としては最低支払額が設定されることであり、利用金額に関係なく、あらかじめ設定していた最低支払額を月々の返済に充てることになり、利用金額から最低支払額を引いた金額に関しては翌月へと持ち運ばれる仕組みになります。

例えば最低支払額が5000円だった場合に1万円の商品を購入する場合には月々の返済額が5000円になるので、完済するまでに2回の支払いが必要になるシステムになります。

この返済中に新しくクレジットカードで商品を購入するなどの新たなる融資を行い利用残高を増やしてしまった場合にも支払金額自体は変わらず、期間、回数が延長される形になるので、最終回数が決められないわけです。

この仕組みにより利用者の中には金銭感覚がマヒしてしまうケースもあり、多重債務者に陥る問題として注目されています。月々の支払額がいくら使ったとしても一定額になるので、残金の状況が把握しづらく利用者自身もいつまで支払いをし続けるのか理解できない一面から無計画的に使ってしまいがちになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ