リボルビングカードによる支払い方法の特徴

リボルビングカードは、返済が常にリボルビング払いによる支払いと設定されているクレジットカードの事です。これにより利用した料金の支払はミニマムペイメントが設定された支払となり、毎月の返済額が利用金額よりも少量の最小返済義務額に変更されるので、毎月の支払額が利用額よりも少量の金額に設定されます。

この支払い方法は通常のクレジットカードの支払方法としても利用されており、基本的にはあとからリボルビング払いを設定することで利用可能になります。その為、支払額が決定する前にインターネットなどでリボルビング払いを行う申し込みを行わないといけません。

さらに毎月の支払額が利用額に関わらず一定の金額に設定される特徴があり、支払が行いやすいメリットがある一方で、借金の状態が把握しにくいデメリット面も持ち合わせています。

これによって多重債務者が発生しやすい状況となり、債務者は毎月の返済額が利用額に関わらず少額で済むことから、新たなる借金が行いやすい状況となります。新たにクレジットカードで買い物を行った際には、その返済額は返済期間として蓄積されるものであり、債務が大きければ大きいほど返済期間が長引いてしまう仕組みになるのです。

リボルビングカードの場合にはこの支払い方法が前提で使う事ができるクレジットカードになるので、見知らぬうちに多額の借金を背負ってしまう場合なども珍しくなく、支払に関する性質を見極める必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ