買い回りと呼ばれるクレジットカードの現金化

買い回りとはクレジットカードで換金性の高い商品を大量に購入し、すぐさま質屋などで売ることで与信枠を現金化する不正利用の事です。

クレジットカード会社では不正使用検知システムにより利用状況をチェックしているので、価値の高い商品を大量に購入した場合には異常として検出し、不正利用を行っているのではないのかと調査が行われます。もちろん規約違反に該当する使い方なので、会員の停止などのペナルティが与えられることになります。

利用者本人の規約外不正利用以外にも悪意のある第三者による不正利用を防ぐ役割もあり、クレジットカードの紛失や盗難、偽造カードが作られた際に換金性の高い商品を大量に購入し、換金を行うので、それを事前に食い止める役割がクレジットカード会社にはあるのです。

換金性の高い商品としてはブランド品や航空券、金券などのチケットが該当し、質屋やチケット販売店などで売れば高い価値を保ったまま現金化を行う事が可能になります。また、最近ではこのような業者を通さずに現金化できる手段としてインターネットオークションが挙げられます。

新品のパソコンやゲーム機などが未開封の状態で出品しているのはクレジットカードで購入し、ほぼ定価で売ることで業者に売るよりも高い金額で買い取ってもらえる可能性が高いからです。もちろんクレジットカードの与信枠は信用を前提に融資できる金額にすぎないので、自分が所有している金額ではないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ