端末装置を使ったクレジットカードの信用承認システムとは

端末装置とは、通信回線に接続された機器で、クレジットカードを利用する際に認証を行う際に利用します。主にATMやキャッシュディスペンサー、加盟店のレジなどに設置されているカードリーダーなどを指します。

通信回線に接続されていることから、クレジットカードを利用する際にクレジットカード発行会社にオーソリゼーションと呼ばれる信用承認を行う事で、初めて決済が行える状況になります。

通信回線とコンピュータによる処理が行われることから即座に信用承認が行われ、決済が行われますが、信用承認がダメだった場合には決済に進めることが出来ずにエラーが発生する仕組みです。

信用はクレジットカード発行会社が所有している無効通知リストが記録されているデータベースで認証が行われ、盗難や紛失したクレジットカードや支払いの遅延や延滞が続いたことで強制解約が行われたものが登録されます。

これにより問題のあるクレジットカードは承認されない仕組みとなり、盗難や紛失したものであれば利用者から不正利用を防ぐことが可能になりますし、信用が出来ない利用者の場合には加盟店側はリスクを負うことを事前に防いでくれるものになるのです。

日本で普及している端末装置の多くはICチップによるリーダーが使われており、以前あった磁気ストライプが使われなくなりました。これはスキミングなどの不正利用を事前に防ぐ為の対策であり、ICチップの導入でスキミングが行われにくく、利用者も安心して加盟店で利用することが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ