年金制度の仕組みとクレジットカード利用が可能な国民年金

年金制度とは、需給年齢に達するとそれまでに納めた金額に応じて、毎年定期的に継続的に金銭が給付される制度になります。主に高年齢期の生活の基本部分を保障されるものであり、その保障金額は労働している若者から納められる分によって補っています。

納めた若者は年金手帳で支払ったことを記録されるので、若者が追々高年齢期に差し掛かった際には、手帳に記録されている支払った状況に応じて給付される仕組みになります。その為、若い時代にあまり納めていなかった場合には高年齢期になった際に給付される額が少なくなるわけです。

納めるにあたっては、会社に属している場合には厚生年金や共済年金への加入が企業で義務付けられており、給与から天引きされているのであまり意識をすることがありませんが、個人事業主の場合には国民年金基金への加入を行う事になります。

これにより、納める額から将来給付される額に差が生まれるので会社員の方が優遇されています。個人で納める場合にはクレジットカードによる決済に対応しており、ポイントが付与されるなどのサービスがクレジットカードに搭載されているのであれば、納める金額に応じてポイントやマイルなどを貯めることが可能です。

このようなクレジットカードの活用法もあり、人によってはポイントを貯めるために年金を支払っている人もいます。現金で支払うよりもポイントが付与されるお得な使い道もあるので、以前と比べても年金に対する見方が変わっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ