バルクデータを用いたクレジットカードデータのやり取りとは

バルクデータとはクレジットカードに関するデータの事を指します。例えば加盟店で利用する際には、クレジットカード発行会社とオーソリゼーションと言う承認を行いますが、その際に無効になったクレジットカードの番号や決済できるクレジットカードのデータを照合させる仕組みになります。

つまりバルクデータを利用してクレジットカードの承認が行われるわけです。
クレジットカードの中には承認が認められないものも世の中には出回っており、盗難や紛失などで利用停止しているものから、滞納や支払いの遅延などの金融事故で強制的に利用停止が行われたものなどが当てはまります。

こうしたカードが加盟店で利用される事態が発生してしまうと大きなトラブルの元になるので、クレジットカードによる決済が行われる場合にはオーソリゼーションを必ず行い、データを照合させて信用できるものなのかを判断する必要があるのです。

信用取引を行う上では信用情報が重要であり、加盟店側としても不正利用が行われた際にはリスクを負うことになるので、このシステムの導入により信用の判断を行っています。

電気通信によるやり取りを行う事から、信用の判断は即座に行われ、信用が出来る場合にはそのまま決済のデータをやり取りすることで、どの利用者がどのくらいの金額を決済したのかがデータに記録されることになります。

昨今の通信技術の発達により、レジなどに設置されている端末のオンライン化がこのような利便性の高い利用方法を実現してくれました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ