与信者としてクレジットカードや消費者金融の利用が認められることとは

与信者とは、クレジットカードや消費者金融の審査をクリアして利用可能になった人の事です。金融企業からしてみれば信用を与えた人の事であり、信用された与信枠以内の金額を自由に使う事が可能になります。

クレジットカードにはショッピング枠以外にもキャッシング枠が用意されており、キャッシング枠は消費者金融のように自由に利用できるお金を融資してくれます。その代わりにショッピング枠よりも審査内容のハードルが高いことから、ショッピング枠だけ許された与信者も多くいます。

与信枠には与信規制と呼ばれる法律で定められており、年収の3分の1以下の金銭しか融資を行ってはいけないとあります。これは金融機関全体での与信枠が該当し、もちろんクレジットカードのキャッシング枠も対象になります。

これによりキャッシング機能が搭載されたクレジットカードを複数所有している場合に、消費者金融や銀行のローンサービスに申し込んだ際に与信枠が少なく設定されることがあります。これにはクレジットカードのキャッシング枠が影響していることから、年収の3分の1以内での設定が行われます。

消費者金融を利用する場合には、不要なクレジットカードを解約するなどの対策が必要です。このような条件の下で与信者として認められることになりますが、過去に支払いの遅延や滞納などが目立っている場合には金融事故を引き起こした利用者として評価され、信用が出来ない利用者として審査をクリアすることが難しくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ