リボルビングクレジットによるクレジットカードの支払と問題点

リボルビングクレジットとは、リボルビング方式のクレジットカードの支払い方法であり、リボルビング払いが前提のカードや、通常のクレジットカードでも使いすぎた日などでは後からインターネットで申し込むことで、リボルビング払いに変更することが可能です。

リボルビング払いとは支払金額をあらかじめ設定していた最低支払額しか支払わない方式であり、返済できていない金額については翌月にスライドすることになります。その為、経済的に苦しい月にはリボルビング払いを申し込み、最低支払額を支払い、翌月に残りの残金を支払う事で完済を行う事が出来ます。

毎月の返済額を軽減させるメリットの一方で大きなデメリットも存在します。それは借金の状況が把握しづらい事です。つまり毎月の返済額が最低支払額に設定されることから、クレジットカードで新たな買い物などを行ったとしてもこの金額は変動することがなく、翌月へと回されるのです。

そして結果的には返済期限自体が延長される仕組みになります。利用者の多くはこの借金の状態が把握しづらくなり、また毎月の返済額も一定額をキープしている状況になるので、クレジットカードを利用しても返済額が増えない認識を持ってしまいます。

これにより気付かないうちに借金だけが膨大化してしまい、多重債務に陥る恐れも潜んでいるのです。
この為、計画的に利用する事と同時に家計簿などでクレジットカードの利用状況を把握できる状況を作ることが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ