サラリーローン金融による個人向けのフリーローンサービス

サラリーマン金融とは、略してサラ金と呼ばれる消費者金融が行う小口融資の事です。マイカーローンや住宅ローンなどと異なり使い道を限定としないフリーローンの一種であり、無担保、無保証で融資を行う代わりに金利が高めに設定されていることが特徴になります。

金利が高い理由としては共倒れを事前に防ぐ役割があり、担保なし、保証なしで融資を行うので、消費者金融としては早期に融資した金額の回収を行い、あとは利息を利益としてビジネスを成り立たせる仕組みです。

ターゲットとしてはサラリーマンが該当しますが、サラリーマンに限定されず主婦や学生など即座に現金が必要な顧客が対象です。また無担保として融資を行うので、担保になる価値を持たない貧困層や、銀行などで信用判断をクリアできなかった利用者が使うことになります。

クレジットカードのキャッシング機能も同様の仕組みとなり、無担保、無保証が前提で融資を行う事から、高金利に設定されています。クレジットカード、消費者金融でも金利の表示で上限金利と下限金利が設定されています。

しかし最初は金融機関からしても顧客がどのような使い道を行い、返済をきちんと行ってくれるのか判断が難しいので上限金利からのスタートとなります。

長期的に真面目に返済を行い必要な場合には融資を求める優良顧客として信用を勝ち取ることで、徐々に下げられていく仕組みです。最も信用されている場合には表示されている下限表示で取引が行われるので、使えば使うほど負担が軽減されることになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ