サラリーマンローンとクレジットカードのキャッシング機能との違い

サラリーマンローンとは消費者金融が行うフリーローンサービスであり、サラリーマンに限らず主婦や学生、その他の労働者に向けての小口現金貸出サービスになります。信用取引によって融資を行うので、クレジットカードのキャッシング機能と似た性質です。

特徴としては無担保、無保証で融資を行ってくれるので、安定した収入がなく、収入自体も少ないなどといった銀行のローンサービスから審査が通らないような利用者向けであることが挙げられます。また無担保なので、財産の所有なども関係なくお金を借りる事が可能です。

しかし、共倒れを防ぐ為にクレジットカード、消費者金融共に高金利に設定されており、上限金利から下限金利と表示が行われています。

これは信用がない最初の状態では上限金利からスタートし、きちんと返済を行い金融事故なども起こさない優良顧客だと認められた際には金利が徐々に下げられ、最終的には表示している下限金利での融資になります。これにより、利用すれば利用するほど今後がお得になる仕組みとなるわけです。

クレジットカード、消費者金融の違いとしてもあまりなく、金利などもばらつきはあるもののクレジットカードの方が本来ショッピング枠で利用することを想定としているので、高めに設定されている会社が多くあります。クレジットカードのキャッシング枠に関しては臨時的なものであり、本格的に融資を求める場合には消費者金融で融資を受ける事がお得になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ