バンクカードを発行する地方銀行のサービス

バンクカードは株式会社バンクカードサービスが発行するクレジットカードの名称です。大きな特徴として、地方銀行が委託することで、提携クレジットカードとして発行している点があります。
元々は、地方銀行が共同事業として発行していたクレジットカードです。

都市銀行や資金がある地方銀行などのメガバンクでは独自にクレジットカードを発行できるのに対し、それよりも小さな銀行が複数で集まり、共同で発行することを目的としていました。1枚のカードにクレジット、キャッシュ、デビットなどの役割を与えることから、利便性の高いものになります。

また、提携を行っていることから銀行独自のサービスを利用することが可能であり、指定しているATMの時間外手数料が無料になる事や利用した金額に応じてポイントが付与されるので、他社同様の機能も搭載されています。付加価値としては高速道路で利用するETCや電子マネーiD、WAONを搭載することが可能です。

また、別に電子マネーに付与されるポイントなどもあるので、使い方によってはさらにお得にすることが出来ます。

基本的にはVISAによるサービスが中心となり、申し込む金融機関が異なっていたとしても提携先が同じなので、ポイントサービスなどもVISAによるブイパスと呼ばれるものを使うことになります。根本的に同じサービスとなるので、地方銀行営業エリアによるサービスの違いがあまりありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ