カウンセリングによるクレジットカード利用者への対応

一般的にカウンセリングとは、顧客の悩みや問題などを専門的な知識、技術によって問題を解決させる援助の事です。クレジットカード関連では借金に関するトラブルが多く、悩みを抱えて一人で解決しようとすると専門的知識や問題点を乗り越える技量などがないことから、多重債務者になることがあります。

財団法人日本クレジットカウンセリング協会や日本消費者金融協会などでは、このような問題を抱える利用者のカウンセリングを行っており、問題点を解決するためのアドバイスや相談などで対応してくれます。

クレジットカードで最も恐ろしい問題点としては、カードホリックと呼ばれるいわば中毒者であり、与信枠が許す限り無計画な買い物を行ってしまう心理的な病になってしまうことです。金銭感覚がマヒしていることから常に買い物を行わないと安心できない状態に陥り、特に女性の場合にはストレス解消法として買い物を行ってしまいがちです。

ゆえに無計画的にクレジットカードで返済が出来ない利用方法を行うケースも珍しくありません。そして最終的には多重債務者になってしまい、自己破産も待ち受けています。このようなトラブルにも相談やアドバイスが行われ、一人で苦しんでいる利用者から無駄遣いをなくし、計画的に利用してもらう為に設置されています。

クレジットカード自体は信用取引で成り立つサービスなので、どうしても与信枠を自分の財産だと考えてしまう利用者が多く、返済が行えない使い方を行ってしまいます。こうした人たち向けのサービスです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ