チェックカードとクレジットカードの大きな違い

チェックカードは決済手段の一つとして利用されているもので、利用した際に指定した当座預金口座から利用額が引き落とされるので、現金を持ち歩かなくてもカード1枚で商品の購入やサービスを受けることが可能になります。小切手のように使えるのが特徴です。

カード本体にはVISAやMasterCardなどの国際ブランドが搭載されており、クレジットカード同様に対応する加盟店で使えます。クレジットカードの場合には信用取引で利用可能になっており、クレジット会社が予め決めていたショッピング枠以内であれば、商品の購入やサービスの決済に利用することが可能です。

後日、使った料金をまとめて決済するので、信用できる人間なのかを評価する与信審査が行われます。チェックカードの場合には、使った直後に当座預金口座から引き落とされる仕組みから与信審査などが行われず、気軽に誰でも所有できる点がメリットです。

日本では、国際ブランドよりもジェイデビットと呼ばれるブランドが展開されており、銀行口座のキャッシングカードに搭載されています。銀行口座と直接繋がりを持つことで、特別な申し込みなど不要で直ぐに使うことが可能です。

VISAもVISAデビットと言う名称のサービスを行っていますが、こちらはインターネット上での決済に利用が出来るサービスに特化しています。これは現実で利用することが出来ない反面、インターネット上での安全な決済手段としての強みがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ