バンクネットによる銀行操作の魅力とは何か

バンクネットとはインターネット上で利用できる銀行の事で、利用者はインターネットを用いることで時間や場所を問わずに操作を行うことが出来ます。

都市銀行や第一地方銀行ではオンラインバンキングへの対応が行われており、パソコンや携帯電話を用いて残高照会から振込みなどに対応しているので、わざわざATMに赴かなくてもある程度の銀行操作を遠距離で操作を行う事が可能です。

またインターネット支店と呼ばれる独自の動きも見せており、実店舗と比較しても預金金利が高めに設定されているほか、実店舗が存在しないことから、人件費などのコストが減った分を利用者への恩恵として受けることが特徴です。

都市銀行などではインターネット支店を設立することで、実店舗でのサポートを受ける事が可能であり、印鑑の変更などの手続きを行う際などには利便性の高さが伺えます。
インターネット独自の銀行も登場しており、預金金利の高さや他のインターネットサービスへの連動が強みになります。

楽天銀行の場合にはクレジットカードの楽天カードとの連動性の強みが特徴であり、クレジットカードに搭載されているキャッシング機能をインターネットから申し込むことで、すぐさま楽天の預金口座に振り込まれる仕組みです。

これにより24時間即振込みが行われ、深夜帯でも携帯電話などの端末操作で振込を行い、コンビニATMなどを利用して取り出すことが可能です。これがバンクネットの特徴で、実店舗にはない魅力があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ