ミニマムペイメントによるリボルビング払いの特徴

ミニマムペイメントとは、リボルビング方式によるクレジットカードや消費者金融の返済を行う際にあらかじめ設定していた最低支払額の事です。これにより経済的に返済が厳しい月などはリボルビング払いを申し込むことで、その月の返済額を最低支払額に設定することが出来ます。

リボルビング方式とは、申し込んだ月に最低支払額を設定し、残金を翌月の返済ににスライドさせる仕組みです。その為、毎月の支払額が一定になるメリットがあるのでクレジットカードや消費者金融で新たなる融資を受けたとしても返済額自体は変化することがなく、顧客からしても一定額の返済なので経済的負担が軽減されます。

しかし、クレジットカード、消費者金融で新たに利用した場合には借金自体が増えることになるので、返済額が大きくなってしまいます。この増えた債務に関しては返済期間の延長が行われることで、月々の支払額自体は一定額をキープすることが可能です。

この仕組みは大きなデメリットを生むものです。それは顧客自身が借金の状況が把握しづらく、認識が薄れてしまう事です。つまりクレジットカードで新たに買い物を行ったとしても月々の支払額が変わらないことで、金銭感覚がマヒして次々と買い物を行ってしまうわけです。

そして認識が薄れる事で借金自体が膨らんでしまい、挙句の果てには多重債務者になってしまう可能性も秘めています。リボルビング払いの事をよく理解をして有効に利用することが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ