流動性による商品の価値変動とそれに伴うリスク

流動性とは、時期や価格に関係なく資産の適正な価格で換金できる度合いを表したもので、常に価値の変動が起こる経済市場では何をもって適正な価格なのかを示す基準が必要です。

例えば果物や野菜などの運搬を行う場合には、破損や腐敗に対するリスクを負うことになり、運搬コストが大きくなります。流動性とは、この破損や腐敗により資本が損失する度合いの事であり、損失が大きい場合には流動性が高く、損失が少ない場合には流動性が低いことになります。

これにより、運搬会社が取引先などと取引を行う場合には出来るだけ資本以上で売らないといけないので、損失が低い方が高く売れる仕組みになるのです。

クレジットカードでも現金化を行う際に利用されており、高価で売ることが出来る商品をクレジットカードで購入することで、質屋などで売る場合に高値で買い取ってもらうことが出来ます。その売値で現金を手にすることが可能なので、いかに損失が大きくなく現金を手に入れるのかが重要になるわけです。

昨今ではインターネットオークションの登場で入札者を競わせることで、価格を釣り上げることが可能です。例えばクレジットカードでパソコンを購入し、新品の状態でインターネットオークションで出品を行うと入札者は通常販売よりも安く手に入れようとするので、多くの人が集まってきます。

これにより質屋やリサイクルショップで売るよりも少ないリスクで売ることが可能です。ただし、クレジットカードの現金化は規約違反となるので、注意してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ