アプリケーションを使ったクレジットカードなどの審査

アプリケーションとはアプリケーションフォームの略称として使われるもので、一般には書類審査、申込用紙の事を指します。金融機関に提出する申込用紙である以上、重要な意味を持ちます。。

クレジットカードや消費者金融、銀行の口座開設時には申込用紙を提出することで、サービスを受ける意思を伝えることになりますが、ここで書類審査が行われます。

特にクレジットカードや消費者金融の場合には信用取引サービスになるので、信用できる人間なのか判断が下される場となり、銀行口座の場合には犯罪に使われないことを前提に悪用しない利用者なのかを評価します。

信用取引の場合には就業先、収入状況、住んでいる場所などが書類審査の評価が下される対象になります。他にも個人情報から、過去に他社で支払いの滞納や遅延などがなかったのか個人信用情報機関のデータベースと照合し、審査が行われる仕組みになります。

ここで過去に金融事故を引き起こしていた場合やアルバイトなど安定の無い労働環境で収入状況も厳しい場合には、返済が真面目に行われないリスクを金融機関が負うことになるので、審査が通りにくい状態になります。逆に一流企業で高収入を得る利用者であれば通りやすく、与信枠も多く設定されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ