チェックギャランティサービスによる小切手の換金補償

チェックギャランティサービスは小切手換金補償サービスで、VISAや銀行が小切手の有効性を保証してくれるので、受け取った側としても後から換金することが出来ます。VISAの場合には、ゴールドカード以上のクレジットカード利用者が利用できるサービスとなり、ある程度の富裕層が小切手で決済を行う際に利用する事が多いです。

換金はホテルまたは航空会社等のVISAが指定する加盟店窓口に受け取った小切手を提出することで、現金化が行えます。銀行の場合にはチェックギャランティカードが発行され、ここに入金している金額の範囲で小切手を使う事が可能です。このように、金融機関の違いによって利用勝手などの性質が大きく異なります。

昨今ではデビットカードやクレジットカードなどの決済サービスが充実してきたことから、小切手による決済手段はあまり利用されていません。また受け取った側としてもわざわざ換金しに行く手間が発生します。

さらに小切手よりも快適な決済システムが作られたこと、ネットワークシステムの充実によりクレジットカードの承認が即座に行えるようになったことで、利用するメリットが薄れてしまったわけです。

現代で利用される場所としてはクレジットカードの加盟店に属しない店舗での決済手段であり、海外などでもオンライン整備の不充分からこの決済手段をメインとしている国などもあります。特にアメリカの場合には前々から存在していたことからシステムが最適化されており、一方の日本ではあまり見ることがありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ