念書が持つ法的効果と公的証書による有効性

念書とは約束事を証拠として文面で残すことで、相手に書かせることによって約束を守らせる意味があります。基本的に念書には法的効力がなく、法的に約束事を守らせる場合には公正証書を作ることになります。

公正証書は裁判などでも法的に有効な書類になるので、これに書かせることで、後々裁判などに発展する場合には有効な証拠として認められます。
念書には法的に有効になる場合も存在しており、それは債務に関する承認であれば法律上では効果を発揮します。

例えば同僚や友達同士のお金の貸し借りできちんと返すことを文面で約束してしまった場合には、この書類は法的に有効なものとして判断されます。これはただの紙に約束事を書いたとしても、法的に認められないから約束を破っていいと考える人に向けて決められた法律です。

特にお金の問題に関しては複雑になればなるほど大きな問題へと発展してしまうので、法律的に有効だと決められることで簡単に約束事が破られない仕組みになります。その為、親しい友人にお金を貸す場合でも紙に約束事を書かせることで法的に有効となり、後から返済を拒んだりした場合には有効な書類として戦う事が出来ます。

しかし、より効果のある公的証書で約束事や取り決め事を文面にして約束することが、本来ならば理想的です。今後のトラブルに対しても強い効力を発揮してくれるほか、夫婦間の問題などでも公的証書が使われる場合は多く、裁判になった時に有利な書類になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ