バンクPOSを利用したデビットカードの仕組み

バンクPOSとはデビットカードのシステムの名称で、加盟店の端末機と金融機関のコンピュータがオンラインで接続されており、金融機関が承認することで決済が出来る仕組みになります。デビットカード自体は銀行が発行するキャッシュカードに搭載されている機能で、日本ではジェイディビットと呼ばれるブランドの元で利用することが出来ます。

その為、利用できる加盟店ではジェイディビットのシステムが導入されており、VISAやMasterCardなどの国際ブランドがこれに該当するものです。
クレジットカードのように提示することで商品の購入やサービスを受けることが可能になりますが、仕組みとしては大きく異なります。

まずクレジットカードは信用取引の元で顧客の信用により与信枠が設定され、後日にまとめて請求する仕組みになりますが、デビットカードの場合には買い物やサービスの決済に利用した瞬間に、バンクPOSシステムを通して銀行の預金口座から利用した金額を引き落とす仕組みになります。

これにより、利用する場合には審査などが不要であり、加えてお金を借りるわけではないので、使い過ぎによる返済不能に陥ることがないのです。

デビットの機能は銀行で発行されるキャッシュカードの大半に搭載されており、預金口座と直接繋がっていることから特別な申し込みなどが不要であり、誰もが所有できる決済サービスとして展開が行われています。しかし、認知度が低く所有している利用者でさえ、このような機能が搭載していることが知られていない現状があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ