未来収入によるクレジットカードの審査の仕組み

未来収入とは将来得られるであろう収入の事で、クレジットカードや消費者金融の与信審査を行う場合に評価される部分になります。評価される方法としては就労状況や過去の金融事故の有無が該当します。

一流企業と呼ばれる会社に勤めている場合にはボーナスや将来に対する収入が期待できることから、与信枠は多めに設定されますが、中小企業に勤めている場合にはボーナスにあまり期待できません。さらに職を転々としている場合には、安定した収入が見込めないことから与信枠は少なめに設定が行われます。

勤めている会社の規模によって未来収入は大きな差が開くので、このような違いが現れることになるのです。与信は顧客に対してどれだけの融資枠を設定するのかを決めるものであり、クレジットカード発行会社、消費者金融によって基準は異なりますが、大きく3つの要素で評価が行われます。

「安定した収入があるのか」「返済する真面目さがあるか」「住居場所が定まっているのか」であり、収入状況は将来の信用に繋がる部分であり、利用金額をきちんと返済できる能力があるのかが問われるのです。返済する真面目さに関しては信用にかかわるポイントで、返済日にきちんと返済を行うことが出来るのかに注目されます。

過去に返済日が過ぎてしまったことや滞納などを行ってしまうと信用が失われます。住居は担保の問題であり、返済が出来なければ資産から返済をしてもらう手段になります。この3つの要素で融資枠が決められるものであり、信用を得ること、将来の給料が安定していることが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ