預貯金を使ったクレジットカード、消費者金融の返済

預貯金とは銀行に預けているお金の事で、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫に預ける場合には預金、ゆうちょ銀行、農業協同組合、漁業協同組合に預ける場合には貯金と言う名称になります。お金を預けるというサービスであることには変わらないので、実質的な違いはなく預ける先によって名称が異なります。

クレジットカードや消費者金融では、銀行引き落としに設定している状態では預貯金による支払いがメインとなり、毎月の支払日には口座内残金から返済が行われます。もし引き落とし設定にしている銀行口座に返済分の金額以下のお金しか入っていない場合には、引き落としすることが出来ないので未払い状態になってしまいます。

この場合には、後日クレジットカード発行会社や消費者金融から連絡が入り、再度預貯金から引き落とす日にちが設定されます。しかし、この日にちにも口座に残金が無かった場合にはブラックリストへの登録が行われることになり、意図的に支払う事を躊躇い滞納していると判断されるのです。

このように預貯金で支払いを行う事は重要であり、今後の信用問題にも繋がる結果になります。その為、きちんと銀行口座内残金を確認して支払える金額を常にキープしている状態にすることが望ましいです。

また、消費者金融の場合には、インターネットの普及から返済できる場合にはすぐさま手続きを行う事で返済が可能になります。これにより銀行口座はお金を預けるだけではなく、返済にも利用されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ