利用可能クレジットによる加盟店と海外での対応

利用可能クレジットは加盟店によって異なります。クレジットカードビジネスはハウスカード、国際ブランドの2種類に分かれており、加盟店がどのクレジットカードで決済が出来るのかが異なる仕組みです。

ハウスカードの場合には発行会社のグループチェーン店や加盟店などが対象であり、顧客を出来るだけ自社の関連店舗で購入してほしい囲い込みが狙いです。企業側のメリットが大きい反面、クレジットカードとしての利便性が低いことから利用者側のデメリットが目立つようになりました。

昨今では、VISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランドを搭載することで利便性の向上が図られています。国際ブランドは日本ではVISA、MasterCard、JCBの3つをメインとして加盟店を増やしており、対応した国際ブランドの加盟店であれば、どのクレジットカードでも決済が行えるのが特徴です。

この為、発行会社との競合相手だったとしても利用することが可能であり、特定の店舗で買い物を行えばポイントが多めに付与されるなどの差別化により、発行会社の関連店舗で利用してもらう囲い込みが行われているのです。

日本国外でも国際ブランドによる利用可能クレジットの加盟店があり、全世界で普及しているVISAやMasterCardが利用できる加盟店が多くあります。

JCBに関しては日本発の国際ブランドなので、日本人観光客が多い台湾やハワイの一部では対応しています。しかしその他の観光地や国では浸透しておらず利用できないデメリットがあるので、国際ブランドを選ぶ際に特徴を把握する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ