アプリケーションフォームで行われる金融機関の判断

アプリケーションフォームとは金融機関に提出を行う書類の事です。その由来は海外における書類審査だけで合否の判定を行う際の書類からきており、日本では金融機関で審査の合否の判断を行う事からこの名称が使われています。

クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービスを利用する際に提出する書類で判断が行われるポイントとしては「収入状況」「勤務先」「住居の状況」であり、収入状況と勤務先に関しては与信枠を決める際に評価が行われる箇所です。

これによって未来収入の予測が行われ、安定した収入があるのであれば、安心してお金を貸すことが出来ますし、勤務先が大手企業であれば高収入も見込めるので、与信枠が多めに拡大される場合もあります。

逆にフリーターの様な収入状況が不安定で未来収入の予測が行われにくい顧客に関しては、一応返済などで信用を得ることは可能ですが、多額のお金を貸し出したとしても完済できる可能性が低いので、与信枠自体が低く見積もられるのです。

住居に関しては財産状況として判断が行われ、債務不履行に陥った場合にはその財産から返済をしてもらういわば担保の役割として評価が行われます。このような仕組みから提出する書類は申し込む意思だけではなく、審査をクリアするための判断材料としての一面も持つわけです。

利用者の性格に関しては、きちんと返済を行う利用者なのか判断を行うために申込者の過去の履歴が評価の判断材料となり、個人信用情報機関で過去に金融事故を引き起こしていないのかチェックが行われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ