3Cと呼ばれるクレジットカードの審査判断

3Cとはクレジットカードや消費者金融に申し込む際に、信用判断の為に行われる3つの要素の事です。Capacity(資力)、Character(性格)、Capital(資産)の頭文字にCがあるので3Cと呼ばれています。

資力は3つの要素の中で最も重視される分野であり、利用者にどれだけの収入能力があるのか注目されます。これにより利用限度額が設定されることになり、会社員であれば安定した収入が見込めることから、高額な利用限度額に設定されます。

一方で自営業の場合には、収入の安定性がない事や簡単な設備投資などに利用される場合などがあるので、会社員よりも低めの信用設定が行われる場合があるのです。

性格は利用者の利用方法であり、生真面目な性格であれば返済日にきちんと返済を行いますが、不真面目な性格であれば返済日を遅延や滞納などが目立ち、限度額いっぱいまで使われて返済できなかった場合にはクレジットカード会社や消費者金融は大きなリスクを負う事になります。

出来るだけ返済日にきちんと返済を行ってくれる人の方に融資を行いたいことから、個人信用情報機関のデータベースを見ることで、過去に返済の遅延や滞納がないのかをチェックします。

個人信用情報機関のデータベースは他社の金融機関の利用状況を確認することが可能なので、他社で多額の借金を行っていた場合などには信用が出来ない性格だと判断されるのです。資産は住居などの利用者が所有するものであり、もし負債を負ってしまった場合にはこれを担保に融資額の回収が行えるので、一つの保険として審査項目になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ