チェックディジットによるクレジットカード番号のセキュリティ

チェックディジットとは、一定のアルゴリズムに従って付加される数列の検出方式です。計算手段が様々に用意されており、第三者がその数列を計算することは困難です。主に商品のバーコードや銀行の口座番号、クレジットカードの番号などを決める際には、この数列の検出方式が用いられています。

特にクレジットカードの場合には不正利用などが行われる危険性から、チェックディジットを数十回、数百回と重ねられているので、第三者などが偽造カードを作ることを困難としているのです。

また、クレジットカードの偽造カード対策としてはICチップの導入なども行われており、記録容量が大きいことで、チェックディジットによる暗号鍵が複雑な数列として何重にも計算が行われて割り出された数値が保管されています。

これによりクレジットカードを利用した際にはデータベースとの照合の際に利用することが可能であり、磁気ストライプを利用していた時代と比較しても複雑なアルゴリズムを用いた計算が行えることで、スキミングなどの対策にも一役買っています。不正利用や偽造などの犯罪から身を守るためには、海外での利用を控える事があります。

クレジットカードにはICチップの他に、従来の磁気ストライプによる決済にも対応しています。日本ではICチップの普及から利用店舗が多いのですが、海外にもなるとICチップの導入の遅れから未だに磁気ストライプによる決済しか対応していないエリアもあります。その為、いくらICチップのセキュリティが高くても磁気ストライプによる犯罪に巻き込まれる可能性があるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ