年賦償還による年に1度の返済方法を採用するケース

年賦償還とは、返済額や納税額などを分割して1年に1度だけ支払う方式の支払手段です。日常ではあまり見かけない支払い方法であり、保険料の1年に1度の支払いがサークルなどの年会費の支払いなどで利用されています。

融資としては特別貸付金などが該当し、例えば県や市などが企業や個人を誘致する場合には引っ越し費用やその地でのビジネス費用などを融資してくれますが、この場合には年賦、半年賦による返済の融資を行ってくれます。これは企業や個人が参加しやすいメリットがあり、年に1度だけの返済ならと考えると企業なども集まりやすくなります。

さらに企業に参加する個人や独立した個人も参加しやすくなることから、県や市の人口が増えるメリットもあるわけです。消費者金融やクレジットカードは基本的には月々による決済で行われており、その他の金融サービスから公共料金などの支払いも月々による支払いになるので、普段の生活上では年賦によるビジネスを見ることがありません。

その為、このような特殊な事例にのみ登場する支払い形態になります。
半年賦の場合にはローンサービスやクレジットカード、消費者金融の返済として利用されており、半年に1度の返済となります。つまりボーナス払いであり、こちらは日常的に利用されている支払い方法になります。

ボーナス時期を狙ったものであることから、多めの収入が見込めることから利用金額をまとめてここで決済することが可能で、月々の負担などもなく金利も1回払いなので発生しないメリットがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ