民事執行による強制差押えまでの道のりと対策

民事執行は、法律上で認められる国家権力を使う事で強制的に実現させることです。クレジットカードや消費者金融では顧客の信用を元に信用取引と呼ばれる融資を行っており、返済日にきちんと返済を行う事が前提のビジネスとなりますが、利用者の中には返済日を守らずに滞納を繰り返す場合も珍しくありません。

その為、このような劣悪債務者に対してクレジットカード会社や消費者金融は、出来るだけ融資を行った金銭の回収を行う必要があります。そこで裁判所を利用して民事執行を行う事で、差押えと言う形で強制的に回収を行うのです。

裁判までの流れとしては、いくつかの警告を債務者に行っており支払日に返済を行わなかった場合には、電話連絡で後日に返済日を設定することでここで支払いを行う事が促されます。これを無視してしまうと次に督促状が届けられ、その督促状にも従わない場合には裁判問題まで発展することが記述されています。

これもまた無視してしまうと、最終通知として勧告書が届けられ、これすら従わないでいると金融機関から民事訴訟が行われるので、裁判所から民事訴訟に対する通知が行われるのです。

当然ながら裁判に出たとしても負けてしまうので、ここで和解をするパターンに持ち込む人が多いです。民事執行は裁判で負けてしまった場合には、所有している財産から債権を回収するので差押えが行われ、財産の所有権が移動してしまいます。このような事態にならない為にも支払いをしっかりを行う必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ