予約割増金利による返済の遅延に対する損害金とは

予約割増金利とは、期日に遅れて返済を行った場合に、債権者に対して損害賠償として支払う金利の事です。

上限としてはローン契約であれば15%から20%、クレジットであれば6%と定められており、契約を行う際に返済期日が過ぎてしまった場合のペナルティとして約束が行われるので、債務者もこれを事前に理解したうえで利用することになります。

別名遅延損害金と呼ばれ、遅延してしまった期間の金利に関しては通常金利と二重に支払う必要はなく、通常金利が消える代わりに割増しとなった遅延損害金を支払う事で問題が解決します。

しかし、返済の遅延を行ったことは債権者であるクレジットカード会社や消費者金融などの金融機関によっては信用を失う事態に発展する可能性もあり、個人信用情報機関に過去に支払いが遅延したことがあると登録が行われる場合もあります。この事態を避けるためにも支払日にはきちんと返済を行う事が重要です。

支払期日から過ぎてしまった債権に関しては債務不履行となり、金利に関しては利息制限法により上限が決められています。その為、急激な高金利を請求されることがなく、ルールに則って決定された遅延損害金を支払うことになります。

信用問題に関してもこれも金融機関によっては対応がバラバラになってしまいますが、一度の遅延を厳しく見る金融機関で融資を申し込む際には、この金融事故により審査が通らない可能性なども浮上し、大きな問題になる可能性もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ