利用限度額で設定されるクレジットカードの融資枠

クレジットカードには利用限度額があり、これを元にショッピング枠、キャッシング枠が設定され、融資枠の範囲で利用することになります。

融資枠は信用で変動するものであり、初めてクレジットカードを所有した場合や収入源がない学生などでは10万円からスタートし、長年利用していき、返済もきちんと行う事で、クレジットカード会社が優良顧客と認めることで、融資枠の拡大が行われる仕組みです。

信用情報は個人信用情報機関にて消費者金融やクレジットカード会社で情報を共有しており、他社で支払いの遅延や滞納などが発覚した場合には、金融事故を起こした信用の出来ない利用者だと判断され、クレジットカードの利用停止になる場合もあります。

ショッピング枠とキャッシング枠は別に設定されており、ショッピング枠はあくまでも買い物の際に利用する金額として融資が行われるので、現金化することを認めておらず、信用がない利用者でも必要最低限のサービスとして提供が行われます。

キャッシング枠の際にはATMなどを利用して現金を貸し出すサービスになるので、ある程度の信用が無ければ利用することが出来ません。

消費者金融などの取り決めである融資規制にも該当しており、1人あたりに対する金融機関の融資額が年収の3分の1と取り決められているので、クレジットカードのキャッシング枠を設定している場合には消費者金融を使う場合の融資枠の設定に影響があるものになります。

使わないキャッシング枠がある場合には外すことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ