延を行った場合のクレジットカード発行会社の対応とは

クレジットカードの支払日を過ぎても支払いを行わないことを遅延と言い、クレジットカード発行会社から信用を失う重要なものです。

クレジットカードは信用取引と呼ばれる契約で商品代金を一時的に肩代わりしてもらっているに過ぎず、商品購入から返済を行うまでの間は、クレジットカード発行会社から信用してもらって利用している仕組みです。

きちんと支払日に返済を行い、クレジットカードの利用率が高ければ信頼出来る優良顧客として評価され、ショッピング枠の拡張などが行われますが、逆に支払いの遅延や滞納が当たり前でルーズな使い方をしていると信用を失うことになります。

信用を失った場合には、最悪の場合会員の資格停止が行われ、個人信用情報機関への登録が行われます。これにより他のクレジットカードへの申し込みや消費者金融、銀行のローンサービスの申し込みで信頼が出来ない顧客として評価され、審査が通らない事態に陥るのです。

このような事態を避けるために支払いに関してはきちんと支払うことが重要になります。もし支払日をうっかり忘れてしまった場合にはクレジットカード発行会社から連絡が来るので、ここできちんと返済する意思があることを伝え、指定された日に返済を行います。

相手も人間なので、1回や2回の支払い忘れに関しては多めに見てくれる場合があり、きちんと返済を行うという意思表示をする事が重要です。意図的に返済を拒んだり、返済の意思がなかったりした場合には個人信用情報機関に登録が行われ、他の金融機関のサービスが中断される可能性もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ