販売促進で利用されるクレジットカードの役割

販売促進とは、商品を売り出す為のマーケティング活動になります。主に顧客に対してPOPなどで商品をアピールするものであり、商品購入率を上げることが目的になります。店舗の利益を上げるための活動でもあり、クレジットカードの導入が一つの販売促進として注目されています。

特にオンラインショップなどは現金による直接的な購入が行えず、WEBマネーやコンビニ払いなど手間のかかる決算手段の中で、クレジットカードによる決済が唯一利用率が高いという特徴があります。

利用者側からしても利便性が高く、加盟店側としてもクレジットカードに対応することは一つの販売促進に繋がることになります。
インターネットユーザーの約40%がクレジットカードによる決済を行う事から、WEBマネーやコンビニ払いよりも比較的に買いやすい環境が作れるわけです。

実店舗の加盟店でもクレジットカードを用いたマーケティング活動が行われており、特定の店舗、特定の商品をクレジットカードで購入する際にはポイントが多めに付与されるなどのサービスが行われています。

特にショッピングモールや百貨店などでは、積極的にクレジットカードで決済するとお得になるサービスが充実しており、さらにポイントが多めに還元される日にちを設定することで、その日に集客率をアップさせ大きな利益を生み出す活動なども行われています。実店舗でもインターネットの世界でもこのようなビジネス展開が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ