民事執行法による債務者への強制執行とは何か

民事執行法は強制執行、換価の為の競売、債務者の財産開示に関する法律の事です。つまり、債務者が債権者に対して返済を行わない場合には裁判所を通して強制的に財産を差し押さえ、それを換価を行う事で債権を回収する手段です。

クレジットカードや消費者金融などでは信用取引が行われており、個人の収入状況や性格などを信用することで与信枠が設定され、与信枠の中でお金を貸し出すことになります。基本的には返済をきちんと行う事を前提に融資を行っているのですが、問題がある利用者も少なからず存在しています。

そのような利用者が所有する債務の事を不良債権と呼ばれ、回収の見込みが出来ないものになります。問題点としては滞納があり、クレジットカードを利用したとしても返済を行う事がなく、支払い能力が無い人間と扱われます。

このような場合には信用を失うデメリットがありますが、金融機関としては債権を回収するために民事執行法の下で強制執行が行われます。これにより裁判所を通して強制的に財産が差し押さえられ、換金することで返済の補填へと回されます。

問題のある債務者は急に強制執行が行われるわけではなく、支払いが遅れてしまった場合には電話による連絡が行われ、督促状などが送られても支払いを行わなかった場合に施行されます。

その為、支払う意思がないと判断が行われた末での強制執行になるわけです。このような事態を予測して避けなければならず、支払日にはきちんと支払うことが基本的であり重要なものになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ