利用差止め口座に陥る前に対処すべきこととは

利用差止め口座とは裁判所によって差止められた銀行口座の事であり、クレジットカードや消費者金融などを利用している際に不払いや不正利用が発覚した場合、融資機関が裁判所を通して銀行口座の利用停止を行う事です。こうなると、利用者は銀行口座からお金を引き出すことが出来なくなってしまいます。

預けているお金に関しても差押え対象となり、裁判を起こした融資機関の手に渡ることになります。融資機関以外でも税金の滞納においても起こるものであり、利用差止めが起こる前にはその前兆があります。それが督促状であり、これはうっかり支払いを忘れていた人向けに送付される書類になります。

金融機関などでもうっかり支払いを忘れている程度の認識であり、ここで支払う意思を見せることが重要になります。督促状の次に届く書類としては催告書であり、これは最終警告の役割がある書類です。これも無視し続けると差押えが行われるので、金融機関側は支払う意思がないと判断を行うのです。

クレジットカード会社や消費者金融では、このような事態に陥った利用者をブラックリストへと掲載を行い、個人信用情報機関に金融事故を引き起こした人間と登録を行います。

これにより他のクレジットカード会社や消費者金融、銀行にも情報が共有されることから、既に利用している他社のクレジットカードやこれから申し込む消費者金融などの利用が行えなくなります。個人信用情報機関に登録が行われれば、新たに申し込む際に審査の時点でチェックが行われるので、信用が出来ないと評価されてしまうのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ