三者協と呼ばれる組織の会議と個人信用情報

三者協は三情報機関連絡協議会の略称であり、日本には個人信用情報機関が3つの組織で動いています。個人信用情報機関を運営を行う全国銀行協会、全国信用情報センター、日本クレジット産業協会に分かれており、クレジットカードや消費者金融を利用する際には審査が必ず行われ、過去の利用実績などを照合する必要があるのです。

しかし、3つの組織に分かれている場合には金融事故を引き起こした利用者が片方のデータベースに登録が行われ、別のデータベースでは登録が行われてないと言う事態を招くことになります。

当然、審査を行うクレジットカード会社や消費者金融ではどのデータベースを信用していいのか問題になるので、個人信用情報を取り扱う三者が会議を行う事でデータベースの統合が行われています。これによりどのシステムを利用したとしても同じ情報を閲覧することが可能であり、取引による融資リスクを軽減することが可能です。

クレジットカードや消費者金融は信用取引と呼ばれるビジネスを行っており、顧客の信用を与信枠として融資を行っているので、後々に返済が滞り滞納をしてしまうと、融資を行った金銭の回収が困難になってしまう恐れがあります。

それを事前に防ぐ為に、過去に金融事故を引き起こした利用者に対しては金融機関が情報を共有していることから、様々なクレジットカード会社や消費金融機関に申し込んだとしても審査が通ることがない仕組みへと展開を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ