年利の計算方法とキャッシング機能の金利の違い

年利とは、利子の支払期間を1年とした場合に元本に対する利子の割合の事です。主にクレジットカードや消費者金融のキャッシングサービスなどで金利として表示されており、返済期間が1年未満で終える場合には1年分の利子を引き直して、元本に年利を加えたものを12で割り、完済までにかかった期間の月を掛けることで割り出すことが可能です。

基本的には毎月の返済による融資を前提に計算を行っているので、月単位で計算を行いますが、金融機関が表示する実質年利の場合には日本では1年を365日で計算を行います。これは法律上で実質年利を表示させることを義務付けられているので、実際には日単位で計算を行う事がありません。

理由としては書類作成や手続きなどで即完済と言う手順を踏むことが出来ないからです。その為、多くの計算方法として月単位での計算が行われています。クレジットカードのショッピング枠で分割購入を行った場合には利子とは違う手数料が発生する仕組みであり、計算手段なども大きく異なります。

クレジットカード会社によって手数料などは異なるので、消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能とは別物だと考えていいです。
その他には上限金利と下限金利の設定も行われており、融資を受けた際に返済で発生する金利の表示の事です。

金利の種類が分かれている理由としては上限金利は信用がない時に適応されるもので、初めて利用する場合に使われます。ここから長期的に利用し続けることで、信用を勝ち取り金利が徐々に下がっていく仕組みになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ