汎用カードと呼ばれるクレジットカードの利便性の高さ

汎用カードはクレジットカードの中でも特に多くの場所で使用できるモデルになります。国際ブランドを搭載することで、利用できる加盟店の多さが特徴であり、利用者としても発行会社に関係なく利用できるのがメリットです。

対するハウスカードは、特定のショッピングモールや百貨店などでしか利用できないクレジットカードになっており、発行会社がショッピングモールや百貨店などによる独自のクレジットカード色が強いモデルになります。狙いとしても顧客の囲い込みであり、利用できる店舗をグループ内企業に限定をすることで、利益を独占する仕組みになります。

その一方で利用者の利便性を犠牲にしている一面があり、利用できる店舗が限られてしまうことから、国際ブランドを搭載することで汎用性の高いモデルへの切り替えなどが行われています。現時点でもハウスカードは存在していますが、提供を行う企業は少なくなりました。

新たなる顧客の囲い込みとしては、指定された店舗で使用した際にポイント還元率がアップするなどのサービスが行われており、関連店舗での利用率アップに繋げられています。

スーパーマーケットやショッピングモール、コンビニエンスストアなどではポイント還元率アップを行う傾向が強く、汎用カードを使う場合には対応した国際ブランドの加盟店でも利用できます。しかし一方で発行元である関連店舗で使用した際には、ポイント還元率アップと言うお得な一面が消費者の心理を揺さぶる要因として使用率アップへ繋がるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ