民事訴訟になる発展までの流れと対処法とは

民事訴訟とはトラブルが発生した場合に裁判を通して法的、強制的に解決を行う手続きになります。クレジットカードや消費者金融の場合には、滞納によるトラブルで金融機関側である債権者から民事訴訟が行われることが珍しくもなく、裁判を通して債権を回収する狙いがあります。

流れとしては、クレジットカードや消費者金融の支払日に返済を行わない場合には、債権者としてもうっかりして忘れてしまったのだろうと判断して電話連絡を行います。ここで後日に支払日を設定するので、そこで返済を行う事が告げられます。それでも返済を行わない場合には督促状が送られ、このまま滞納をしてしまうと裁判になることが告げられます。

この時点で、債権者としては意図的に支払いを滞らせていると判断し始めます。最終通知として勧告書が送られてしまい、債権者としては全面的に戦う姿勢を表します。ここまでの流れで送付された督促状や勧告書を無視し続けると裁判所に訴えられることになり、後日利用者には裁判所から民事訴訟に関する封筒が届けられます。

そこには滞納を行ったことに対する訴状が入っており、答弁書を提出することで裁判所での交戦となります。裁判問題にまで発展してしまうと勝ち目がないことから、金融機関との和解を行う事で、裁判の手前で許してもらう方法があります。これにより返済プランが組み込まれ、支払いを行わないといけません。

ここまでクレジットカード会社や消費者金融と戦ってしまうと信用を失うことから、個人信用情報機関への登録が行われてしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ