領収書をクレジットカードの利用で貰う事が出来るのか

領収書とは買い物を行った際に代金と一緒に受け取ることになる書類のことです。この書類には買い物を行った取引を証明するものであり、過去の取引を確認するための書類として、また、経費で落とすための書類として有効なものです。

スーパーやコンビニなどのレジで発行されるレシートなども同様の意味を持ちますが、宛名欄が存在しないので、店舗が誰に対して取引を行ったのかの証明にすることが出来ません。その為、領収書を別途に発行することで宛名欄を記入し、誰に対して商品を売り、金銭を受け取ったのかが証明できるようになるわけです。

商品購入やサービスの提供を受けた顧客は、商品やサービスを提供した者に対して受取証書の交付を請求できる事が決められています。その為、商品購入時やサービスの提供を受けて支払いを行う際に必ず発行される書類になります。

クレジットカードで商品を購入した場合には領収書を出すことが出来ません。理由としてはその場で金銭のやり取りが行われておらず、店舗側としては後からクレジットカード会社から振り込まれるので、ビジネスを行っている対象者が異なるわけです。

これにより、クレジットカードで商品を購入した場合には取引明細が渡されることになり、クレジットカード会社が発行する利用明細書が代わりに該当する書類にであり、利用者、加盟店、クレジットカード会社の3者間での取引が行われることから、金銭の受け渡し相手が異なる仕組みになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ