三情報機関連絡協議会による個人信用情報の共有化

三情報機関連絡協議会は、個人信用情報機関を持つ全国銀行協会、全国信用情報センター、日本クレジット産業協会の個人信用情報機関の三者が集まり会議を行う事です。

以前まではクレジットカード会社や消費者金融の信用情報機関はバラバラであり、3つのデータベースが存在していたことで、一つシステムには信用が出来ない人間が登録されているのに、別のシステムには登録が行われておらず、これを総合評価として劣悪債務者の審査が通る事態が生まれていました。

このような個人のネガティブな情報を共有する為に会議が行われています。
現在ではデータベースをオンラインによる統合が行われているので、個人信用情報機関のデータベースが異なっていたとしても同じデータを共有することができます。

これによってクレジットカード会社や消費者金融で顧客からの申し込みが行われた際には、ブラックリストを共有することが可能なので、システムの違いによる隙を発生させないことに繋がりました。

このシステムの登場により、顧客のリアルタイムな信用状況を確認することで、システムが異なるクレジットカード会社で同じ顧客を持つ場合には支払いの遅延や滞納などの金融事故のデータをすぐに手に入れることが可能です。

これにより利用者は金融事故を他社のクレジットカードで引き落とした場合でも関係のない会社のクレジットカードの利用停止になることもあります。このような仕組みにより、ネガティブなデータを共有することで、リスクを軽減することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ