納期に税金を支払う新しい決済システムとは

税金を支払う際には納期が決められており、期限以内に支払わないと納税が出来なくなります。この世に税金は多く存在しており、所得税、自動車税、固定資産税、国民健康保険、住民税などがあり、納期を守って支払うことが義務とされます。

支払い方法などは各地方自治体によって異なりますが、昨今ではクレジットカードによる納付が行えるようになりました。しかし、直接支払えるわけではなく、「Yahoo公金支払い」と呼ばれるインターネット上のサービスを利用することで、家にいながら納付を行う事が可能です。

これにより忙しくてもパソコンやスマートフォンを使って決済が行えるために、納期に間に合わせることができるうえに、24時間受け付けられているので、いつでもどこでも利用が出来るのです。

支払い方法も水道料金の場合には継続的に支払うことが可能であり、その他の税金等に関しては一回限りの支払いとなるので、再度納税する場合には再度申し込む必要があります。

しかし、問題点としては地方自治体によって対応がマチマチであり、都心部を中心に利用できる環境が整っていますが、支払う税金によっては街によって対応していない場合などがあります。

まだ発展途上のシステムと言えるので、今後は対応する地方自治体なども増えて、集金能力の向上が図られます。現時点としては、全ての地方自治体が全てのサービスに対応しているわけではないので、一度自分の住んでいる自治体をチェックしてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ