民事保全法で守られる請求権と差押えの関係

民事保全法とは、近い将来に行われる強制執行での請求権を満足に保全するために、事前に差押えられる建物や土地などの不動産物から価値のある金属や宝石などの動産物について仮差押えを行い、請求権を守る法律です。

強制執行とは法律の下で国家権力により財産を差押える事であり、特にクレジットカードや消費者金融の利用者が滞納などで返済する意思がないと判断された場合には金融機関が裁判所を通して強制執行を行うことになります。そして所有している財産を換金することで、返済へと充てることになります。

しかし、債務者の中には財産の処分や所有権を移動させて差押さえから逃れることも想定することが出来るので、債権者である金融機関側の請求権を守るために仮差押えを行い、確保しておく必要があるのです。

このような出来事は金融事故として処理が行われ、個人信用情報機関への登録が行われることから、新しく別の会社でクレジットカードの申し込みや消費者金融への融資の申し出などは審査の時点でクリアできない場合があります。

なぜなら、過去に金融事故を引き起こしてしまったがために信用を失い、各金融機関からは信用が出来ないので融資を行う事ができないと評価されているからです。

個人信用情報機関のデータベースは7年間は保存されており、事故を引き起こして7年間は信用が失われた状態となって新しい融資を受けることが出来にくい状態になってしまいます。その為に事故を引き起こさないことが重要であり、支払いをきちんとしておくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ