アルゴリズムを用いた複雑な数列とクレジットカード

コンピュータ処理の一つにアルゴリズムがあり、目的を果たすための手段の名称として使われています。クレジットカードに付与されている番号や商品のバーコードなどもアルゴリズムによる特殊な計算を行って割り振られた数列であり、他人のクレジットカードや他の商品のバーコードと被ることはありません。

特にクレジットカードの場合には、セキュリティを高めておかないと犯罪に巻き込まれる恐れがあるものです。表面に印字されている番号やICチップに記録されている暗号鍵と呼ばれるATMやカードリーダーで読み取られる情報なども第三者に知られてはいけない情報なので、複雑なアルゴリズムによる処理が何重にも行われた数列になります。

これにより磁気ストライプによる単純な数列の時代よりも、スキミングによる被害をより確実に防ぐことが可能であり、暗号鍵によるオーソリゼーションも本人しか認証できないものになります。

昨今のクレジットカードにはICチップの他に従来の磁気ストライプも搭載されており、これはICチップに対応した機器を所有していない加盟店で決済を行うために過去の機器にも対応しているものです。

問題点としてはセキュリティの問題であり、いくらICチップの情報が複雑化していたとしても磁気ストライプで決済を行ってしまえば関係のないものになります。これにより利用する店舗が悪意のある場合には、スキミングによる犯罪に巻き込まれる恐れがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ