家計簿ソフトを使ったパソコン、スマートフォンによる帳簿

家計簿ソフトはパソコン上で家計における収入、支出などを記入する帳簿になります。現金、現金同等物の支出の記録がメインになるので、家庭のキャッシュフロー計算書と言えるものです。目的としては記録を付けることで、金銭の動向を記録を行い、家庭における無駄遣いを意識させることで家計の健全性を保つ役割があります。

コンピュータによって処理が行われるので、集計などを自動で行います。これによりノートで記録する家計簿よりも見やすく比較しやすい一面があり、過去のデータも蓄積することが可能になるので、データ化による管理の恩恵は大きいです。

昨今では家計簿ソフトはインターネット上で無料で配信されている物が多く、有料で購入しなければいけなかった時代と比べても手軽に利用できる環境になりました。スマートフォン向けの家計簿アプリなども登場しており、実際に家計簿帳を購入するよりも利便性の高さや入手のしやすさが目立ってきています。

更にインターネット上にデータを保管するクラウドサービスにも対応しているソフトも登場しており、家計簿自体をインターネット上で保存することで、パソコンとスマートフォンの両方に対応することが可能になりました。

つまり、パソコン上で入力した情報を外出先ではスマートフォンで確認して編集することが可能になるので、常に最新の情報を手元で確認を行う事が可能になります。
また、レシートをスマートフォンのカメラで撮影するだけで入力が行えるアプリも登場しており、クラウドサービスと連動させることで、データの記録化が行いやすくなっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ