納税を行うためにクレジットカードは使えるのか

納税とは国に納める税金の事です。会社に勤めている会社員などは給与から自動的に税金分の天引きが行われているので、納税に対する関心は薄いと言われていますが、個人事業主やフリーで働いている人などは確定申告によって納税額が決定されるので、結構な意識をしてしまうものです。

確定申告は1月から12月までの1年間の収入、支出状況をまとめた書類を税務署に申告を行う事であり、この収入状況によって納める税金が確定するという仕組みです。

確定申告は2月中旬から3月の中旬まで受け付けられているのですが、この時期の税務署には個人事業主などが多く集まるので、情報の処理に時間がかかってしまうというデメリットがあります。こうした問題を打破するものとして、イータックスが登場しました。

これはインターネットに接続されたパソコンを使う事で、家にいながらにして確定申告を行うことが出来るというサービスで、わざわざ税務署に赴いて書類を提出する必要がなくなったのです。

イータックスはオンラインバンキングやペイジーなどの決済サービスにも対応しており、税金の支払先として設定することが可能で、これにより税金を納める手間すらも省いてくれるものになります。

ただし、イータックスはクレジットカードには対応していないので、クレジットカードによる決済を希望する場合には振込代行業者に依頼することで決済を行う事が可能ですが、手数料が発生してしまうというデメリットもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ