PACMによるクレジットカードの承認システム

PACMとはVISAが提供するオーソリゼーションシステムの事で、VISAの加盟店では対応する端末を使って顧客が利用するクレジットカードの承認を行う事になります。

この承認の事をオーソリゼーションと言い、クレジットカード会社のデータベースにアクセスを行い利用できるクレジットカードなのか、利用できるとすれば所有者は誰であり、いくら利用するのかをオンライン通信によって確認が行われる仕組みです。

クレジットカードはオーソリゼーションを必ず行わないといけないものです。例えば盗難や紛失などで本人以外の第三者が利用した場合や、支払いの滞納や遅延などで利用停止が行われたクレジットカードの場合には、使わせてはいけないものになります。

そこでオーソリゼーションシステムのデータベースにある、無効通知リストに登録されているものなのかの判断が必要になるのです。これにより加盟店としては正規に認められたものでしか決済が出来ない仕組みとなり、不正利用によるリスクを負うことがありません。

オンライン通信技術の発達により承認自体はスムーズに行われるものであり、即座に信用できるものなのか、誰が使うのか、いくら使うのかの通信のやり取りを行う事になります。

昨今ではセキュリティの問題からICチップ搭載のクレジットカードが登場しており、ICチップ内に保存されている複雑な暗号などをやり取りを行う仕組みから不正使用を防ぐ通信内容なども含まれています。磁気ストライプの時代よりも通信内容もセキュリティも大きく異なります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ