貸金業規正法で決められた融資規制によるキャッシング枠

貸金業規正法とは、クレジットカードや消費者金融などの貸金業が融資を行う際について取り決められた法律の事です。2010年6月には、多重債務者を生みやすい状況を打破するために新たなるルール作りが行われました。

新しい借り入れの法律としては借入総額に総量規制が導入されたことに合わせ、与信枠と呼ばれる利用者に対して融資が行える金額の設定を利用者の年収の3分の1に設定することで、返済が出来ない与信枠を設けることが出来なくなりました。

この融資規制は利用者一人に対する枠であり、他社の金融機関からの融資枠も共通して設定が行われるので、他社を利用すれば増えるものでもありません。融資規制は消費者金融やクレジットカードのキャッシングサービスで適応されるものであり、クレジットカードのショッピング枠は該当しないという点も特徴の一つになります。

その為、キャッシング枠が設定されたクレジットカードを複数枚持っている場合にはその与信枠も該当するので、新たに消費者金融を利用する場合には年収の3分の1でクレジットカードのキャッシング枠に割り振られている与信枠から引いた金額内で設定されることになります。

これを阻止するためには不必要なキャッシング枠の解約であり、複数の金融機関を利用している場合にはこのように影響をし合うこともあります。更に、50万円以上の利用限度額を設定する場合には収入証明書の提出が必要であり、この法律が施行されることで、無理のない使い方が法律で守られることになりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ