残存元本金利体系を用いた返済方法の特徴とは

残存元本金利体系とは利息計算を行う金利の計算方式の一つで、クレジットカードや消費者金融で利用されています。支払いを行うごとに残存元本の金利を掛けて利息計算を行い、残高に見合った利息を追求することになります。

これによって毎月の返済では、1か月ごとの支払いを行う場合には残高によって支払う金利が毎回異なる仕組みになります。また、残債方式と言う名称でも利用されています。他の返済手段である元利均等残債方式、リボルビング方式、元金均等返済などはこの残債方式によって計算されたものになります。

大きな特徴としては、残高に合わせて金利の再調整が行われるので、長期的に返済を行う場合には支払いを続けるうちに残高が減少していくことから、金利自体も少なくなる仕組みとなることです。つまり、支払いを続けることで経済的負担が段々と軽減されるのです。

しかし、返済中に新たにクレジットカードを利用したり消費者金融で新たなる融資を受けた場合には、残高が増えることから金利が高く設定されてしまうので、逆に苦しめるものになります。特にリボルビング方式の返済方法の場合には、あらかじめ決めておいた最低支払額で支払いを行う事から、毎月の支払額は低めに設定されることになります。

しかし返済中にクレジットカードや消費者金融を利用すると、残高が増えてしまいます。それでも月々の支払額自体は変動しないので、支払期間だけが延長される仕組みになります。これによって利息が大きくなることから完済できる期間を見失うことになってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ