チップカードでクレジットカードの安全性が保たれる

チップカードとはICチップが搭載されたカードの事を指し、昨今のクレジットカードのセキュリティレベルを上げるためにICチップ搭載のクレジットカードなどが登場しています。また、セキュリティ以外にも非接触型ICチップなども搭載されており、クレジットカードに電子マネー決済の機能を搭載されたモデルもあります。

クレジットカードの情報について、従来は磁気ストライプによるデータ管理が行われていましたが、磁気ストライプは一昔前の技術であり、スキミングなどの犯罪に巻き込まれやすい事例がありました。このことからチップカードの導入が行われました。

磁気ストライプと比較してもICチップは記憶容量が大きいことから、複雑な暗号化を行う事ができる公開鍵と秘密鍵の2つで情報を格納しています。加えて本体に処理を行う能力が備わっていることから、磁気ストライプよりもスキミングが行いにくいという特徴があります。

現在多く利用されているクレジットカードには、磁気ストライプとICチップの両方が搭載されており、日本国内ではICチップによる決済が浸透していますが、海外では磁気ストライプによる決済の国などが未だに存在します。

海外での利便性などを考えて両方搭載されていますが、磁気ストライプによる決済を行った場合にはセキュリティレベルなども以前の状態で行うので、スキミングの危険性などの脅威があります。特に新興国などでは被害なども多発しているので、出来るだけ海外での使用は避けておくべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ