納税額は確定申告によって決定されるものである

納税額とは日本国民が国に納税する金額の事です。主に自営業やフリーで働いている人が意識するものであり、サラリーマンやOLなどの会社員であれば会社が給与から天引きを行っているので、「税金で引かれたのだろう」程度の認識になるケースが多いようです。

この納税額は確定申告によって決められるものであり、1月から12月までの収入状況に応じて支払う額が決定されます。確定申告は2月16日から3月15日まで税務署で受け付けられており、1年間の収入、支出状況を書類にまとめて提出することになります。

昨今では税務署の混雑を避けるためにイータックスと呼ばれるインターネットサービスを利用した確定申告が可能であり、インターネットに接続されたパソコンにて収入状況の申告を行う事が可能です。

また、イータックスではオンラインバンキングやペイジーなどのインターネット決済手段に対応しており、設定を行う事で税金の支払いを決定することが可能です。ただし、クレジットカードによる支払いには対応していないので、クレジットカードで決済を行う場合には対応している地方自治体に直接決済を行うか、支払い代行業者を通して支払う事になります。

当然ながら代行業者に頼む場合には手数料が発生します。
このように納税額が決定され、国は国民から税金を回収することが可能になりました。サラリーマンから独立した人などは以前とは給与の形態が異なるので、税金対策などの注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ